マツダ車 音質改善解説

投稿日:2018/07/10 更新日:2018/07/10

現行の車に搭載されているヘッドユニットの役割は、多彩です。

ディスプレイ表示、ナビ機能、TV,ラジオ、CD,DVD、バックカメラ、センサー表示、アラート、

電装機器の集積化が進む中、音声信号に与える「ノイズ」の影響は大きく、小さな音の信号は埋もれ、スピーカーに伝わることなく掻き消されることも少なくありません。

JOYNの開発時の重要課題のひとつであったのは、「ノイズ」の制御です。

小さな信号を拾い上げることのできるJOYNのノイズフィルタリング機能。約600個の部品を使用しているJOYNですが、その中でもノイズ対策に関する

部品だけでも約200個を配置しています。ひとつひとつ検証の上、回路上に配置することで、音声信号に関係しない電源系、スイッチングによるノイズ、DC高周波系のノイズだけを取り除くことに成功しました。

ノイズフィルターでありがちな薄くなる低音現象もなく、高音域から低音域まで全帯域で、「原音の忠実な再生」が可能になっています。

例として、ご好評を頂いておりますマツダコネクト車について簡略図で解説致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る